このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.5

1998年09月14日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●緑電子、『Compact RAID Pro』シリーズを発売

 緑電子(株)は、ディスクアレイRAID『Compact RAID Pro』シリーズの2機種の出荷を開始した。同製品は、Windows NTやUNIXに加えて、PC UNIXのLinux、 FreeBSDやBSDIに対応しているのが特徴。14台のハードディスクドライブを搭載する『Compact RAID Pro14』の容量は最大252GB。7台搭載の『Compact RAID Pro7』の容量は最大126GB。価格は、『Compact RAID Pro7』の最小システム構成で、2重化電源付き筐体、RAIDコントローラー、4GBのHDD×3で、138万円。
http://www.midorielec.co.jp/release/19980911.html



●シャープと三菱電機、スタックドCSP複合メモリーの仕様統一に合意

 シャープ(株)と三菱電機(株)は、モバイル機器向けスタックドCSP複合メモリーに関して仕様を統一することで合意したと発表した。スタックドCSP(Chip Size PackageまたはChip Scale Package)複合メモリーは2個の種類の異なるメモリーチップを積み重ね、1つのパッケージの中に統合するもの。今後2社は、携帯電話や携帯端末で採用されているフラッシュメモリーとSRAMを1パッケージ化したスタックドCSPの互換性、パッケージサイズに関して、共同で仕様の統一を推進し、デファクトスタンダード化を図っていく。
・シャープ
 http://www.sharp.co.jp/
・三菱電機
 http://www.melco.co.jp/

●モトローラ、家庭向けマルチメディアプラットフォーム『Blackbird』を発表

 米モトローラ社は、家庭向けマルチメディアプラットフォーム『Blackbird』を発表した。同製品は、同社と米VM Laboratory社が共同開発しているデジタルビデオ製品を家庭用双方向マルチメディアに対応させ、多目的アプリケーションに対応できる“ProjectX”技術をベースにしている。この製品は、広帯域ルーター、ネットワークコンピューター、およびデジタルホームシアターの機能を組み合わせたもので、3Dグラフィックス、Java、MPEGデジタルビデオ、Hi-Fiオーディオ、インターネットアクセス、電子商取引、および広帯域ネットワークを1つの集積ユニット上でサポートするプラットフォーム。同製品は、“リファレンスフォーム”、“ソフトウェア込みのマザーボード”と“相手先ブランド”の3つの形態で提供される。量産出荷は'98年の第4四半期に開始。同製品を採用した製品の出荷は'99年の第1四半期に開始する予定。
http://www.mot.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン