このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.7

1998年09月04日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●シャープ、メビウスノートにWindows 98搭載モデルを追加

 シャープ(株)はWindows 98搭載のメビウスノート2機種を発売すると発表した。発売日は『MN-450-H23』が16日、同『MN-380-X23』が30日。MN-450-H23は、CPUにモバイルPentium II-233MHz、64MBのSDRAM、取り外し可能な3.2GBのHDD、XGA対応の13.3インチTFT液晶ディスプレーを搭載。サイズは幅297×奥行き245×高さ39.8mmで重さは3.1kg。MN-380-X23はCPUにMMX Pentium-233MHz、64MBのEDO SO-DIMM、3.2GBのHDD、SVGA対応の12.1インチHC-Addressing液晶ディスプレーを搭載。サイズは幅297×奥行き238×高さ45mmで、重さは3.3kg。ともにFDDとCD-ROMドライブを搭載している。価格は、MN450-H23が44万円、MN380-X23がオープン価格。
http://www.sharp.co.jp/

『MN-450-H23』(左)と『MN-380-X23』(右)『MN-450-H23』(左)と『MN-380-X23』(右)



●ベッコアメ、“株式会社ベッコアメ・スペースネット”を設立

 (株)ベッコアメ・インターネットは、(株)ジャフコ、日本ジャンボー(株)、(株)グロービスとの共同出資で、衛星通信を利用したインターネット事業を主な業務とする“株式会社ベッコアメ・スペースネット”を設立した。スペースネットは、米PanAmSat社の国際通信衛星PAS-IIおよび日本電信電話(株)と共同開発したシステムを利用し、通信衛星回線を利用したインターネット接続サービス“SPACE-B”を提供する。接続料は1.5Mbpsの回線を使用した場合、月額48万円。拠点追加ごとに4万8000円が必要になる。
http://www.bekkoame.or.jp/

●IPA、8月のウイルス感染状況を発表。感染経路のトップは外部からのメール

 特別認可法人である情報処理振興事業協会(IPA)は、'98年8月期のコンピューターウイルス被害についての届け出状況をまとめた。届け出数は165件で、19種のウイルスのうち3種ははじめて届け出のあったものだった。もっとも多かったのは、マクロウイルスの被害で、Excelのマクロウイルス“Larux”は、72件の届け出があった。被害台数としてもっとも多かったのは、今回始めて届け出があった、Windows95/98の実行ファイルに感染する“PE/CIH”で、1回の感染で150台のPCに被害を与えたケースもあったという。感染経路としては外部からのメールが55件と最も多く、僅差で外部のメディアが続いた。IPAでは、9月5日から10月31日のあいだに発病する可能性のある、7種の特定日発病ウイルスを公表、注意を呼びかけている。
http://www.ipa.go.jp/index-j.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン