このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.5

1998年07月29日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●米モトローラ、PowerPC 750-366/333/300MHz版を発表

 米モトローラ社は、PowerPC 750マイクロプロセッサーに1.9Vで動作し、動作周波数が366/333/300MHzの『MPC750P』を追加。サンプル出荷を開始した。300MHz版の消費電力は標準で3.4Wで、従来品の7Wの半分程度になる。0.25μmプロセスで製造され、パッケージは360ピンCBGA。価格は366MHz版が100個受注時で8万4500円。また、同社ではPowerPC 740の低電圧で動作する300MHz版の製造も予定しているという。
http://www.mot.co.jp/



●アライドテレシス、Ethernetスイッチの新製品を発売

 アライドテレシス(株)は、100BASE-TX/10BASE-T自動認識ポートを搭載したEthernetスイッチ『CentreCOM RS710TXL/RS718TXL』の2機種の販売を30日に開始する。両機種とも自動認識ポートが2個で、10BASE-TポートをRS710TXLは8個、RS718TXLは16個搭載している。全ポートFull/HalfDuplex対応。価格はRS710TXLが12万8000円で、RS710TXLが17万8000円。
http://www.allied-telesis.co.jp/whatsnew/newpro/rs710txl.html

●日本ユニシス、新聞社向けに文字広告処理システムの販売を開始

 日本ユニシス(株)は、新聞社向けに求人案内広告、死亡広告などの文字広告の申し込みから、起稿、原稿の掲載/管理、自動配列からCTS(電算写植システム)への送信までを統合して行なえる『文字広告システム』の販売を30日に開始する。同システムは配列作業の自動化によって作業の効率化を図るもの。また、起稿部分に文字広告専用ワープロを開発したほか、AIを採用した『GNOSIS(ノーシス)-II』による自動配列システムを搭載したという。データ形式はESP(Encapsulated Post Script)形式を採用している。パッケージソフトの価格は3000万円から。同社では3年で15社への販売を目標としているという。
http://www.unisys.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン