このページの本文へ

TODAY’S NON-STOP NEWS vol.8

1998年07月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 

●松下電器と松下電子工業、DVD-ROMの5倍速再生が行なえるシステムLSIを開発

 松下電器産業(株)と松下電子工業(株)は、DVD-ROMで5倍速再生、CD-ROMで32倍速が可能なシステムLSIチップセットを開発、9月にサンプル出荷を開始すると発表した。価格は7000円。同チップセットは、4MbitのDRAMおよび32bitのCPUを混載した光ディスクコントローラーを搭載しており、同社従来製品と比べDVD再生速度で2.5倍、消費電力で3分の1(DVD-ROMの5倍速再生時で320mW)の性能を実現したという。また、高速転送モード“Ultra DMA/33”に対応するほか、DVD-RAMも再生できる。
・松下電器産業
  http://www.panasonic.co.jp/
・松下電子工業
  http://www.mec.panasonic.co.jp/

●松下電子部品、米国および欧州向けの地上波デジタル放送受信チューナーを発売

 松下電子部品(株)は、地上波デジタル放送に対応した受信用チューナー『CT10TSシリーズ』(米国向け。受信周波数54~806MHz)および『ET03Dシリーズ』(欧州向け。受信周波数47~862MHz)を発表した。価格は仕様により異なるとしており、今月中にサンプル出荷を、10月に量産出荷を開始する。雑音指数を同社従来製品の9dBから7dBに低減することで、放送局からの受信距離を100kmから150kmに延長したほか、チューナーの入力レベル(AGCレンジ)を50dBに拡大することで受信できる情報が増大したという。
http://www.maco.panasonic.co.jp/macoj/index.html

●IBMチューリッヒ研究所など、分子の高速回転現象を発見

 米IBM社は、平たい構造を持つ“プロペラ型分子”が周囲の分子の間で高速回転する現象を発見したと報じた。これは、スイスのIBMチューリッヒ研究所がフランスの国立科学研究センター、デンマークのリソ国立研究所と共同で、7月24日発行の科学雑誌『サイエンス』に掲載したもの。IBMの研究員らは、プロペラ型分子が、分子層の歪みにより生まれた隙間に向かって4分の1nm(ナノメーター)だけ移動する現象を発見、その際に分子は高速で回転していたという。この現象は、分子を利用したナノスケールの機器への応用が期待できるとしている。
http://www.zurich.ibm.com/News/Wheel/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン