このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.4

1998年07月15日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●日本IBM、Celeron-300MHzを搭載した『IBM PC300GL』を発表

 日本アイ・ビー・エム(株)は、Pentium IIを搭載した企業向け『IBM PC300GL』シリーズに、Celeron-300MHzを搭載した『IBM PC300GL(6561-48J)』モデルを追加した。ハードディスクはUltra-ATA仕様の4.2GB、標準で32MB(最大256MB)のSDRAM ECCメモリー、AGP対応の米シーラス・ロジック社の『Lagna』を採用、システム管理者が遠隔地から電源操作ができる“Wake on LAN機能”に対応した100BASE-TX Ethernetカードを搭載する。価格は23万8000円。出荷は24日を予定している。
http://www.ibm.co.jp/pc/desktop/pc3gl87/pc3gl87a.html



●日本IBM、PCワークステーション『IntelliStation E Pro』2モデルを発表

 日本アイ・ビー・エム(株)は、PCワークステーション『IntelliStation E Pro(6893-12J/10J)』2モデルを発表した。『同12J』はPentium II-400MHz 、『同10J』はPentium II-350MHzを搭載する。2モデルとも、ハードディスクはIDE6.4GB、100MHzバス対応のSDRAMを64MB、AGP対応の米Matrox社のMillennium II AGPを搭載する。価格は『同12J』が52万8000円、『同10J』が46万8000円。出荷は16日を予定している。
http://www.ibm.co.jp/pc/intellistation/isepr87/isepr87a.html



●富士通、預貯金システム『LittleBANK』を発売

 富士通(株)は、預貯金オフラインシステム『LittleBANK』を発売した。同システムは、普通預金、当座預金、定期預金、顧客情報照会などの業務処理をパッケージ化したもの。西暦2000年問題に対応しており、連続帳票プリンターをサポート、各種管理資料の出力が可能だという。特徴としては、サーバーで元帳データを一括保有し、クライアントがサーバーの元帳にアクセスする。価格は、基本構成1000万円から。
http://www.fujitsu.co.jp/hypertext/news/1998/Jul/15.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン