このページの本文へ

【COMDEX/Spring '98】COMDEXで見つけたスグレモノ&ヘンなもの

1998年04月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


米Aladdin社の『USBHasp』



 今回のCOMDEXでもっとも注目を集めていたのが、USB関連製品。これはソフトウェアプロテクトのための、ハードウェアキーならぬ“USBキー”。ポケットにすっぽり収まるキーホルダーサイズ。
http://www.aks.com/

米Dolch Computer Systems社の超耐水ディスプレー



 ガラス張りの箱の中に設置されているのは、同社の『DataView Industrail Flat-Panel Display』。ディスプレーには滝のような水しぶきが……。それでもディスプレーは正常に動作し、超耐水性をアピールしていた。同社はこのほか、40Gの衝撃に耐える携帯コンピューター、『L-PAC』、『PAC』、『PAC Sixty Series』、『MEGA PAC』も展示。価格は7000ドルから。
http://www.dolch.com/

米Xirlink社の『XVP500』



 USBデジタルビデオカメラ。CIF解像度(352×288ドット)、24bitもしくはTrueColorモードで、毎秒30フレーム表示が可能。キャプチャーカードは不要。USBポートに接続するだけで使用できるという。価格は149ドル。
http://www.xirlink.com/

英VLSI VISION社の『VISION』



 USBデジタルビデオカメラ。QCIF解像度(176×144ドット)で毎秒30フレーム、CIF解像度で毎秒15フレーム表示が可能。24bitカラーをサポートする。価格は99ドル。
http://www.vvl.co.uk/

リコーの『MediaStation』



 デジタルカメラと本体、テレビを接続し、デジタルカメラで撮影した画像を本体で直接CD-Rに記録、電子アルバムを作成でき、テレビで楽しめるというもの。画像のほか音声も記録可能。スライドショーや、プリンターに接続してグリーティングカードを作成することもできる。価格、発売日は未定。
http://www.ricoh.com/

BINARY RESEARCH社の『Ghost』



 同製品は、ハードディスクをイメージデータ化し、そのイメージをLANやインターネットなどを経由して複数のPCにコピーするためのツール。現在日本語化も検討中とのこと。配布されていたサンプルはマスコット付きで、持ってるとうらやましがられた。
http://www.ghostsoft.com/

ティアックの各種ドライブ

 


 ティアックは、USB対応の外付けFDドライブ(1.44MB/1.2MB/720KB対応)、1.44MB FDも使用可能な200MBHiFDドライブ(データ転送レート3.6Mbps)、20倍速CD-ROM/CD-R/PDドライブなどの新製品を展示。
http://www.teac.com/

スイス ADIVAN High Tech社のCD-ROMカード

 



 ビジネスカード(名刺)と同じサイズにCD-ROMをカットしたもので、データサイズは18MB。普通のCD-ROMドライブでちゃんと認識する。
http://www.adivan.com/

(報道局 桑本美鈴/西川ゆずこ)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン