このページの本文へ

【21世紀夢の技術展 レポート Vol.3】SDメモリーカードスロット搭載電子レンジから“飛行船インターネット”まで――ネットワークの未来が見える“情報・通信ゾーン”

2000年07月21日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“21世紀夢の技術展”(東京ビッグサイト、8月6日まで)の“情報・通信ゾーン”では、おなじみの家電メーカーや公的研究機関が、最新テクノロジーや未来の製品を多数展示している。ここでは、デジタル家電によるホームネットワークのモデルを試作品で具体的に展示した松下電器産業(株)ブースを中心に会場の様子を紹介する。

松下ブースでは、家庭と外部ネットワークとのゲートウェイとなるホームサーバーを中心とした家庭内ネットワークのモデルを展示した。同社ではこれを“家庭内情報インフラ(Home Inforomation Infrastructure:HII)”と呼んでおり、デジタル放送対応テレビといったAV製品にとどまらず、電子レンジや冷蔵庫、さらにはベッドやトイレまでがホームネットワークに接続される可能性を提示している。

展示された試作品は製品化が決まってるわけではないが、生活に密着した家電製品のネットワーク化によるライフスタイルの変化を占うことはできる。特に主婦層の関心を引いているようで、ネット対応冷蔵庫を前に「すぐにこんな時代が来るのねえ」などと感心していた。

“モバイルピクチャービューワ”。TFT液晶ディスプレーを搭載して毎秒2フレームの動画を表示可能。64kbps対応PHS通信機能を内蔵する。玄関に設置したカメラを通じて出先から来客に対応したり、室内の様子を確認するなどの用途が考えられるという
“モバイルピクチャービューワ”。TFT液晶ディスプレーを搭載して毎秒2フレームの動画を表示可能。64kbps対応PHS通信機能を内蔵する。玄関に設置したカメラを通じて出先から来客に対応したり、室内の様子を確認するなどの用途が考えられるという



参考出品された50インチのPDP(プラズマディスプレーパネル)搭載のデジタルハイビジョンテレビ。デジタル放送を楽しめるだけでなく、ネットワーク家電全体を操作する集中コンソールとしても機能する
参考出品された50インチのPDP(プラズマディスプレーパネル)搭載のデジタルハイビジョンテレビ。デジタル放送を楽しめるだけでなく、ネットワーク家電全体を操作する集中コンソールとしても機能する



SDメモリーカードスロット搭載の電子レンジ。レシピを記録したカードを差し込むことで調理が可能という
SDメモリーカードスロット搭載の電子レンジ。レシピを記録したカードを差し込むことで調理が可能という



キッチンなどでの利用を想定したホームネットワーク用端末。家電の制御や伝言板機能などを持つ
キッチンなどでの利用を想定したホームネットワーク用端末。家電の制御や伝言板機能などを持つ



ネットワーク対応トイレ。体重と体脂肪の測定が可能で、データはホームサーバーに蓄積、家族それぞれの体重変化を管理できる ネットワーク対応トイレ。体重と体脂肪の測定が可能で、データはホームサーバーに蓄積、家族それぞれの体重変化を管理できる



そしてネットワーク対応ベッドも。体調に応じたデータをダウンロードすることで、ベッドが心地よく振動してくれる……
そしてネットワーク対応ベッドも。体調に応じたデータをダウンロードすることで、ベッドが心地よく振動してくれる……



郵政省の認可法人である通信・放送機構が研究中の“成層圏プラットフォーム”。高度2万mの成層圏に全長約250mの無人飛行船を浮かべ、インターネットやデジタル放送の中継基地として利用する。地上観測用センサーを搭載することで長期連続定点観測も可能になり、災害予測などにも活用されるという。人工衛星を1機打ち上げるよりもコストは安く上がる上に応用範囲も広く、政府は“ミレニアムプロジェクト”対象事業の一つに選んでいる
郵政省の認可法人である通信・放送機構が研究中の“成層圏プラットフォーム”。高度2万mの成層圏に全長約250mの無人飛行船を浮かべ、インターネットやデジタル放送の中継基地として利用する。地上観測用センサーを搭載することで長期連続定点観測も可能になり、災害予測などにも活用されるという。人工衛星を1機打ち上げるよりもコストは安く上がる上に応用範囲も広く、政府は“ミレニアムプロジェクト”対象事業の一つに選んでいる



夏休みの一般向けイベントとあって、工夫をこらしたアトラクションがそろっている。セイコーエプソン(株)は“エプソン テクノアドベンチャー”をテーマに、“謎の古代遺跡”を探検するという趣向
夏休みの一般向けイベントとあって、工夫をこらしたアトラクションがそろっている。セイコーエプソン(株)は“エプソン テクノアドベンチャー”をテーマに、“謎の古代遺跡”を探検するという趣向

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン