このページの本文へ

インフォテリア、XMLベースのシステム構築用コンポーネントソフトウェアを発売

2000年06月28日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インフォテリア(株)は6月28日、XML *1 ベースのシステム構築を容易にするコンポーネントソフトウェア『iConnector for Oracle』、『iMessenger』、『iXSLT』のSolaris対応版の出荷を同日より開始したと発表した。

*1 XML:eXtensible Markup Languageの略。データの内容とデータの構造を切り離し、意味付けされた情報を双方向に交換するための標準データフォーマット。

『iConnector for Oracle』はOracleデータベースとさまざまな構造のXMLデータを仲介するソフト。GUIを利用した設定により、さまざまな形式のデータベース定義とXMLデータを関連付け、データを双方向で入出力できる。現在使用中のシステムのデータをXMLに変換してデータ交換を行なったり、現在のバージョンのデータベースをもとにXMLアプリケーションを組むことができるとしている。対応環境はSolaris 2.6、7、8とOracle 7.3.x、8.0.x、8.1.x。価格は1サーバーあたり160万円。

『iMessenger』は、XMLデータをインターネットメッセージングプロトコルの標準であるSMTPを使用して送受信するためのソフト。特定のメールボックスを監視し、受信したXMLメッセージの送信者やXMLデータの種別によって処理を分別したり、XMLデータをまとめてSMTPサーバー経由で送信できる。対応環境はSolaris 2.6、7、8。価格は1サーバーあたり80万円。

『iXSLT』は、さまざまな構造のXMLデータを別の構造のXMLデータに変換したり、XMLデータを抽出、並べ替えを行なったり、またXMLからHTMLやCompact HTML *2 などのXML以外のデータ形式に変換するソフト。XSLT 1.0 *3 およびXPath 1.0 *4 に準拠する。Solaris版固有の機能として、Javaインターフェースを装備し、JavaアプリケーションからiXSLTのすべての機能が使用できるようになっている。対応環境はSolaris 2.6、7、8。価格は1サーバーあたり40万円。

*2 Compact HTML:iモードで使用される簡易版HTML。携帯電話での表示を考慮して通常のHTMLのタグを大幅に削減したもの。

*3 XSLT:Xtensible Stylesheet Language Transformationの略。XMLデータにスタイル付けを行なったり、XMLのデータ構造を変換するための標準仕様。

*4 XPath: XML Path Languageの略。XSLTおよびXPointerで使用するXMLデータ内の指定を行なうための標準仕様。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン