このページの本文へ

ソフマップ、Pentium III-1GHzと8倍速DVD-ROMドライブを搭載したデスクトップパソコンを発表

2000年06月26日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ソフマップは26日、Pentium III-1GHzと8倍速DVD-ROMドライブを搭載したデスクトップパソコン『[S]LE10013P3-DV』を発表した。店頭価格は34万8000円。同社の販売店舗、法人営業部、通信販売課、ホームページを通じて販売し、7月中旬に出荷を開始する。

『[S]LE10013P3-DV』 『[S]LE10013P3-DV』



[S]LE10013P3-DVは、CPUにPentium III-1GHz、チップセットにIntel 820、グラフィックスコントローラーにnVIDIA TNT2 M64を採用したタワー型デスクトップパソコン。128MBのメモリー(RDRAM)、30GBのHDD(Ultra-ATA/66)、8倍速のDVD-ROMドライブ(40倍速のCD-ROMドライブ相当)、56kbpsのモデム(K56flex/V.90対応)を搭載する。キーボードに“iTouch機能”を搭載したため、インターネットへの接続、電子メールの受信、音楽CDやMP3データの再生などをキーボード上のボタンで操作できる。OSはWindows 98 SE。DVD再生ソフト『PowerDVD 2000』が付属する。本体サイズは幅198×奥行き476×高さ425mm。本体重量は約10kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン