このページの本文へ

ポニーキャニオン、著作権が保護された形での有料映像ダウンロード配信を開始

2000年06月21日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ポニーキャニオンは20日、デジタルエンターテイメントサイト“can-d.com(キャンディドットコム)”を開設し、音楽・映像・画像コンテンツのダウンロード販売や、ストリーミング試視聴サービスなどを提供すると発表した。同サイトでの映像ダウンロード配信販売の第1弾として、同社に所属するアーティスト“嶋野百恵”のミュージッククリップ『Hot Glamour』『Jr.Butterfly』『Next Lounge』の3作品と、女優“奥菜恵”のパーソナルDVD三部作『HANA』、『HULA』、『AKUA』から映像クリップ各1作品の合計6作品をマイクロソフト(株)の音声・画像・映像ソフト『Windows Media Player』用のファイルとして1ヵ月の期間限定で発売する。ファイルは著作権が保護された形で販売する。


嶋野百恵のビデオクリップは、通常の音楽配信とは異なり、シングル楽曲のビデオクリップ映像付きという形での販売形態となる。ファイル容量は各15MB。価格は1曲あたり500円。


奥菜恵の映像クリップは2分30秒のものが2作品と1分10秒のものを1作品販売する。ファイル容量は前者が17~18MBで、後者は8MB。価格は前者が500円で、後者は300円。支払はクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)のほか、一般電話回線通話料と一緒に支払ができる電話番号課金“Calle(カルレ)”が利用できる。『Windows Media Player』の対応機種はWindows 95/98/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。Macintoshには非対応。
なお、ミュージッククリップの無料体験版として、6月21日から7月5日までの2週間、松坂智幸の7月5日発売のマキシシングル『Can you hear me?』のダウンロードが行なえる(7月5日までの再生制限付き)。
同社ではこれらのサービスを通じて、インターネットの特性を活かした“観て楽しむ”エンターテイメントライフを提案するとともに、パッケージの販売促進を模索していくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン