このページの本文へ

FIC販売、AMD Athlon/Duronプロセッサーを搭載したデスクトップパソコン『TITAN Series』3製品を発売

2000年06月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エフ・アイ・シー販売(株)は20日、デスクトップパソコン『TITAN Series K7/A1000』、『同 K7S/A800』、『同 K7S/D600』を発売したと発表した。出荷は『K7/A1000』は同日より、そのほかは7月1日に開始する。販売は同社の直販サイトとファクスを通じてCTO方式で行なう。


『TITAN Series K7/K7S』

『TITAN Series K7/A1000』は、6月初旬に発売したAMD Athlonプロセッサー搭載のデスクトップパソコン『TITAN Series K7』シリーズの最上位機種にあたるハイエンドパソコンで、AMD Athlon-1GHzを搭載する。価格は19万8000円から。最小構成はFIC SD11 AMD-751チップセット、128MBのSDRAMメモリー、13GBのUltra-ATA/66対応のHDD、最大48倍速のCD-ROMドライブとなる。OSはWindows 98。電源は240Vで、消費電力は最大170W。サイズは幅420×奥行き210×高さ445mmで、重さは9kg。ディスプレーはオプション。

『K7S/A800』は『K7/A1000』からCPUをAMD Athlon-800MHzに、チップセットをVIA KT133に変更した製品。価格は13万8000円から。
『K7S/D600』は『K7/A1000』からCPUをAMD Duron-600MHzに、チップセットをVIA KT133に、メモリーの容量を64MBにそれぞれ変更した製品。価格は9万8000円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン