このページの本文へ

IBM、モバイルPentium III-750MHz搭載の企業向けノートPC発売

2000年06月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は、企業向けノートパソコン『ThinkPad A20p』および『ThinkPad T20』シリーズに、Pentium III-750MHzを搭載したモデルを追加すると発表した。OSはWindows 98SE/2000のいずれかを選択できる。

『ThinkPad A20p 2629』は、15インチTFT液晶ディスプレー(1400×1050ドット、フルカラー)を搭載し、6倍速のDVD-ROMドライブを内蔵するA4サイズのオールインワンタイプ。同社ではThinkPadシリーズの最上級モデルと位置付けている。メモリーは標準で128MBのSDRAM(最大512MB)、HDDは18GBまたは20GBを搭載。10/100Base-TのLANインターフェースを備えている。

サイズは幅329×奥行き267.5×高さ44.7mm、重さは3.42kg。価格は、Windows 98SEを搭載する『同 2629-6AJ』が46万5000円、Windows 2000 Professionalを搭載する『同 2629-6CJ』が48万円。

『ThinkPad A20p』
『ThinkPad A20p』



『ThinkPad T20 2647-55J/95J』は、14.1インチTFT液晶ディスプレー(1024×768ドットフルカラー)と6倍速のDVD-ROMドライブを内蔵したA4サイズの薄型オールインワンタイプ。メモリーは標準で128MBのSDRAM(最大512MB)、HDDは20GBを搭載。10/100Base-TのLANインターフェース、および55.6kbpsの内蔵モデムを備えている。

サイズは幅304×奥行き250×高さ33.1mm、重さは2.4kg。価格は、Windows 98SEを搭載する『同 2647-55J』が50万円、Windows 2000を搭載する『同 2647-95J』が51万5000円。

『ThinkPad T20』
『ThinkPad T20』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン