このページの本文へ

ザーコム、エリクソンとBluetooth無線接続機器の共同開発・製造・販売で提携

2000年06月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ザーコム ジャパン(株)は20日、米ザーコム社とEricsson Mobile Communications AB社(以下エリクソン)が、Bluetooth無線接続機器の開発/テスト/製造/販売を共同で行なうことで提携したと発表した。ザーコムはエリクソンへのモバイルデータ通信製品の第1次供給者となり、ノートPCやハンドヘルドPC向けの無線データ通信製品にBluetooth無線通信技術を統合化していくことで協力する。これまでになくシームレスな接続と同期化を可能にする音声とデータによる無線データ通信製品を提供していくという。

Bluetoothは、短距離無線信号を利用して1Mbpsの速度でデータを転送するという。モバイルコンピューター/携帯電話/ハンドヘルドPC/データ情報機器などのデバイス間で“パーソナル エリア ネットワーク(PAN)”を構築し、無線によるデータの同期やインターネットへの接続を自動的に行なえる。使用する動作周波数帯域の2.4GHzは、世界の95パーセント以上の国で使用されているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン