このページの本文へ

富士通パーソナルズ、CCD採用のA4フラットベッドスキャナー2製品を発売

2000年06月19日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)富士通パーソナルズは19日、台湾のマステック・システムズ社製のA4フラットベッドスキャナー600dpiモデル『PLUG-N-SCAN 1200DUF』、およびA4フラットベッドスキャナー1200dpiモデル『PLUG-N-SCAN 2400DU』を7月下旬から販売すると発表した。価格は1200DUFが2万9800円で、2400DUが3万4800円。

『PLUG-N-SCAN 1200DUF』
『PLUG-N-SCAN 1200DUF』



『PLUG-N-SCAN 2400DU』
『PLUG-N-SCAN 2400DU』



1200DUFは、パソコンへのデータ転送時にスキャナー内部で自動でJPEG圧縮を行なう独自のASIC(画像処理チップ)を採用することで、読み取り速度はカラーで1ライン当たり1.5ミリ秒(600dpiでA4の場合24秒、プレビューは約1.8秒)となっている。スキャンしたデータは直接JPEG形式で保存できる。オプションの『オートドキュメントフィーダ』(1万9800円)を使用した大量スキャンに向いているという。光学解像度は600dpi。RGB各色12bitの入出力が行なえる。2400DUは、光学解像度が1200dpi。RGB各色14bitの入出力が行なえる。読み取り速度はカラーで1ライン当たり15ミリ秒。両製品ともに、ソフト制御により階調を増やす独自技術“BDIT(Bit Depth Increased Technology)”により各色16bitの出力も可能(ただし別売りの16bit出力対応アプリケーションが必要)。インターフェースはUSBを採用する。

操作を簡単にするために、5つのアプリケーションキー“BearPaw”を搭載する。“スキャン”、“コピー”、“FAX”、“E-mail”、“PANEL(キー設定)”が割り当てられている。キーを押すと、原稿を読み取り、その画像データを、カラープリンターへ出力したり、電子メールの添付ファイルとして貼りつけたりできる。アプリケーションキーの設定パネルなどを同社のホームページにおいて8月から提供する予定。オプションの『透過原稿ユニット』(1万2800円)を使用すれば、ネガ/ポジフィルムの画像も取り込める。サイズは幅290×奥行き464×高さ100mmで、重量は2.8kg。対応OSはWindows 98またはMacOS 8.51/8.6/9.0。画像編集ソフト『Adobe Photo Delux』、画像管理ソフト『Presto! Page Manager』、日本語OCRソフト『Max Reader 日本語OCR』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン