このページの本文へ

シマンテックとデジキューブ、コンビニでウイルス対策ソフトの販売を開始

2000年06月16日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)シマンテックと(株)デジキューブは15日、コンビニエンスストア(以下CVS)向け販売代理に関して業務提携すると発表した。これにより、シマンテックのウイルス対策ソフト『ノートン・アンチウィルス・プレミアム』を、デジキューブと提携している全国のCVSにおいて29日から販売する。

同製品は、CVS向けの特別仕様パッケージ(DigiCubePC)で、Windows用の『ノートン・アンチウィルス 2000』とMacintosh用の『ノートン・アンチウィルス 6.0.2』の両方が入ったハイブリッド版。価格は2980円。ウイルス定義ファイル(ワクチン)の更新が90日間行なえる。その後は1500円で1年間のウイルス定義ファイルの更新を申し込める。

デジキューブが提携しているコンビニは、(株)セブン-イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、サークルケイ・ジャパン(株)、(株)サンクスアンドアソシエイツ、(株)サニーマート四国スパー本部。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン