このページの本文へ

アップルコンピュータ、デジタルビデオ編集ソフトの最新版『Final Cut Pro 1.2.5』へのアップデータの提供を開始

2000年06月15日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は15日、プロフェッショナル向けのデジタルビデオ編集ソフト『Final Cut Pro 1.2.5』を発表した。旧バージョン1.2のユーザーを対象に、アップデータの無償提供を同社サイトにおいて同日開始する。また、アップデータを収録したCD-ROMを、アップルソフトウェアアップグレードセンターを通じて有償提供する。価格は2500円(実費のみ)。

Final Cut Pro 1.2.5では、16:9のワイドスクリーンフォーマットでの編集が行なえる。素材の色情報を保持するネイティブYUV処理をサポートした。ファイルサイズを最小化した参照ムービーの作成機能などにより、レンダリング時間を短縮し、ディスクスペースを節約するという。

『Final Cut Pro』との互換性が確認されているハードおよびソフト製品の一覧を同社サイトで提供している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン