このページの本文へ

沖データ、PostScript 3を搭載したA3ノビ対応のページプリンター『MICROLINE 1000シリーズ』を発表

2000年06月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)沖データは8日、プリンター言語に“Adobe PostScript 3”を採用したページプリンター『MICROLINE 1000シリーズ』3機種を発表した。7月中旬に出荷を開始する。

『MICROLINE 1035PS』
『MICROLINE 1035PS』



『MICROLINE 1055PS』
『MICROLINE 1055PS』



発表された製品は、『MICROLINE 1032PS』、『MICROLINE 1035PS』、『MICROLINE 1055PS』の3機種。3機種とも、用紙サイズがA3ノビまで対応し、B5からA3ノビまで対応するユニバーサルトレイを2つ、葉書や封筒にも対応するフロントトレイを1つ装備する。プリンター言語に“Adobe PostScript 3”、コントローラーにPowerPC 603e-200MHzを採用し、低温溶融の“小粒径カプセルトナー”を用いるLEDヘッド搭載プリンタエンジンを内蔵する。USB、シリアル(RS-232C)、パラレル(IEEE1284)のインターフェースのほか、1035PSと1055PSは10BASE-T/100BASE-TXのLANインターフェースを標準装備(1032PSはオプション)。対応する通信プロトコルは、EtherTalk、TCP/IP、IPX/SPX。さらに、1035PSと1055PSは、フォント格納用に5GBのHDDを搭載する(1032PSはオプション)。標準搭載のメモリーは、1032PSと1035PSが16MB(最大144MB)、1055PSが64MB(最大192MB)。Windows 95/98/NT 4.0/2000用とMac OS用のプリンタードライバーのほか、Macintosh用のプリンター管理ソフト『MicrolinePS Utility』が標準添付される。最高解像度とプリント速度は、1032PSと1035PSが600dpiで毎分30枚(A4横、コピーモード)、1055PSが1200dpiで毎分16枚(A4横、コピーモード)。価格は、1032PSが32万8000円、1035PSが44万8000円、1055PSが54万8000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン