このページの本文へ

【NETWORLD+INTEROP 2000 TOKYO Vol.7】プレミアテクノロジー、メール一斉同報配信サービスを開始

2000年06月08日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プレミアテクノロジー(株)は8日、幕張メッセで開催中の“NETWORLD+INTEROP 2000 TOKYO”において、メール一斉同報配信サービス“messageREACH”の開始を発表した。

同社は、米PTEK Holdings社の100パーセント子会社で、FAX一斉同報配信サービスなどを手がけている。

messageREACHは、米国にある同社のサーバーでサービスを提供する。利用者は同サーバーにリモートで接続し、データ―ベースのメンテナンスや配信予約などを行なう。

代表取締役社長の田中羊二氏は、「自前でサーバーを用意する必要がなく初期費用もかからない。メール受信者が何に興味をもったかなどマーケティングの材料を集めることも可能」と語った。

代表取締役社長の田中羊二氏
代表取締役社長の田中羊二氏



利用料金は初期費用の必要がなく、メール配信1通10円~。サービス開始は8月1日から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン