このページの本文へ

OBCとSBCとドットコムの3社、株式公開を目指す企業向けの上場支援パッケージソフト『上場奉行』を発売

2000年06月08日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オービックビジネスコンサルタント(OBC)とソフトバンク・コマース(株)(SBC)、(株)ドットコムマネジメント(ドットコム)の3社は6日、株式公開を目指す企業向けの上場支援パッケージ『上場奉行』を6月上旬に発売すると発表した。価格は500万円より。同パッケージは、上場に向けて企業内容の開示を行なう体制を整備するためのコンサルティングサービスと、OBCの会計ソフト『奉行シリーズ』とをパッケージ化した製品。“診断プログラム”によるクイックレビューにより、企業の現状を診断し、その後、体制整備に必要な“減価計算制度構築”、“会計制度決定”、“月次決算制度構築”、“経理フロー整備”、“予算管理制度構築”、“社内規定整備”に関するコンサルティングを実施したのち、奉行シリーズから最適な会計プログラムを選択し、導入するもの。オプションとして“事業計画策定”、“業務管理体制構築”、“内部監査制度確立”に関するコンサルティングも用意する。
『上場奉行』は、OBCが会計ソフト『奉行シリーズ』を提供し、ドットコムが、上場に必要な経営管理体制整備・会計制度確立の診断プログラムによって、開示体制整備のために企業が何をすべきかを明確にするコンサルティングサービスを行なう。SBCは『上場奉行』の総販売元となり拡販のためのマーケティングを行ない、同社のパートナー経由でユーザーに対して販売を行なうという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン