このページの本文へ

リコー、6倍速書き込み、4倍速書き換えの普及版CD-R/RWドライブを発表

2000年06月07日 00時00分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リコーは、6日、内蔵型CD-R/RWドライブの新製品『MP7063A』を発表した。CD-R書き込み6倍速、CD-RW書き換え4倍速、32倍速読み出しに対応した普及型ドライブで、インターフェースはATAPI。価格はオープンプライスで、6月16日の発売を予定している。

リコーが発表した『MP7063A』。CD-R書き込み6倍速、CD-RW書き換え4倍速、32倍速読み出しに対応している
リコーが発表した『MP7063A』。CD-R書き込み6倍速、CD-RW書き換え4倍速、32倍速読み出しに対応している



MP7063Aは、同社が'99年6月に発表した『MP7060A』(CD-R6倍速書き込み/CD-RW4倍速書き換え/24倍速読み出し)の後継にあたる製品で、CD-ROMからの読み出し速度向上が主な変更点。新開発のピックアップを採用することで、音楽CDからのデーター読み出しも最大32倍速で行うことができる。

平均アクセスタイムは120ミリ秒で、キャッシュ容量は2MB。CD-R/RWの書き込みソフトとして、アダプテックの『Easy CD Creator 4スタンダード版』と『DirectCD3』を同梱する。対応OSはWindows 95/98/2000/NT4.0(SP5以降)で、パッケージにはCD-RとCD-RWのメディアがそれぞれ1枚ずつ付属する。実売価格は2万円強になる見込み。

主な仕様



インターフェイス


ATAPI


書き込み速度


1/2/4/6倍(CD-R)、1/2/4倍(CD-RW)


読み出し速度


最大32倍(CAV方式)


記憶容量


700MB、650MB


平均アクセスタイム


120ms


キャッシュ容量


2MB


書き込み方式


ディスク・アト・ワンス、セッション・アト・ワンス、トラック・アト・ワンス、マルチセッション、パケットライト


書き込み形式


CD-DA、CD-ROM、CD-ROM XA、CD Extra、CD-I、Mixed-ModeCD、
VideoCD、PhotoCD、CD TEXT、Bootable CD


電源


DC5V/12V


消費電力


12W


対応OS


Windows 95/98/2000/NT4.0(SP5)


動作環境


CPU:Pentium-166MHz、メモリ:32MB、HDD:1GB

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン