このページの本文へ

RSAセキュリティ、暗号化ツール『RSA BSAFE』のPKI対応版を発売

2000年05月17日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RSAセキュリティ(株)は17日、PKI(公開鍵基盤)アプリケーションの開発を対象とした暗号化ツール『RSA BSAFE Cert-C』と『RSA BSAFE Cert-J』を発売したと発表した。価格は、ソフトウェア製品に組み込む場合のOEMライセンス料で500万円から。社内用アプリケーションなどに組み込む場合はエンタープライズ価格とし、個別料金となる。

『RSA BSAFE Cert-C』『RSA BSAFE Cert-C』



『RSA BSAFE Cert-C』は、アプリケーションにPKIを提供するAPIや、独自のサービス・プロバイダーを作成するためのSPIなどから構成されている。プログラマーはプログラムにAPIなどをビルトインするか、あるいはバインドするだけで、基本的なPKIアプリケーションを構築できるという。PKIアプリケーションのための鍵ペア生成、暗号化、デジタル署名の各機能を備えるほか、デジタル封筒も用意されている。

サポートするプラットフォームは、『同Cert-C』がWindows 95/98/NT、Solaris、HP-UNIX、Linuxなど。『Cert-J』はJDK1.1、JAVA 2となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン