このページの本文へ

日本シスコシステムズ、レイヤー3スイッチの新製品を発表

2000年01月28日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本シスコシステムズ(株)は28日、都内において、レイヤー3スイッチの新製品『Catalyst 2948G-L3』『同4908G-L3』を発表した。あわせてレイヤー2スイッチ『同3548XL』も発表。このほか、同社のレイヤー3スイッチ製品の戦略について、説明を行なった。

Catalyst 2948G-L3、同3548XL
Catalyst 2948G-L3、同3548XL



同日発表された製品は、主に従業員数が100~300人程度の中規模の企業をターゲットにしたもの。『Catalyst 2948G-L3』は、IOS(Internetworking Operating System)を搭載し、アプリケーションやユーザー単位での優先制御、ネットワークセキュリティー、音声や映像データの高速転送を実現できるという。

同製品は、10/100MbpsのEthernetポートを48ポートと、2つのGbit Ethernetポートを装備しており、その全てのポートでレイヤー3スイッチング機能を利用できる。64バイトパケット対応で、転送速度は10Mppsを越えるという。対応するプロトコルはIPとIPX、IPマルチキャスト。22Gbpsのノンブロッキング・スイッチング・ファブリックが組み込まれている。セキュリティー面では、IPおよびIPXのアクセスリストを使用し、着信および発信の双方のパケットを制御できるとしている。価格は152万5000円。

『Catalyst 4908G-L3』は、ギガビットインターフェースコンバーター(GBIC)をサポートする、1000BASE-X Gbit Ethernet×8ポートを装備する製品。すべてのポートでレイヤー3スイッチング機能を利用できる。価格は未定で、発売は3月。

『Catalyst 3548XL』は、同3500XLシリーズ、同2900XLシリーズと組み合わせて、スタッカブルな構成で使用できるレイヤー2スイッチング。Gbit Ethernet×2ポート、10/100MbpsのEthernet×48ポートを装備している。64バイトパケット対応で、転送速度は8Mbps。10.8Gbpsのノンブロッキング・スイッチング・ファブリックが組み込まれている。価格は66万円。

同社のレイヤー3戦略について、同社SMB営業本部長の渡部卓氏は「SMB*は、中規模の市場の拡充をめざし、この製品を戦略的に投入してまいります」と述べた。

*SMB:スモール to ミディアムビジネスの略とのこと

米シスコシステムズ社のプロダクトマーケティングマネージャーのジェイ・クィンビー(Jay Quinby)氏は、「全世界で200万のLANポートが出荷されるでしょう。その中で、Giga Ethernet、Fast Ethernetが中心となっていくでしょう」、「スイッチングはめざましい成長をしています。2000年は、日本では'99年の20パーセント増し程度の成長が見込まれます」と、スイッチング市場の予測を示した。


ジェイ・クィンビー氏


同氏は同社の戦略について「その市場に対して、コストパフォーマンスがよく使いやすい製品を提供していきます。高信頼性やスケーラビリティー、QoSや音声、セキュリティーも大事な要素です」と語った。

渡部氏は、中規模市場向け製品の売上目標について「2000年は150億円程度」と語った。製品の個別売上予測について、月ベースで、『Catalyst 2948G-L3』は500台、『Catalyst 3548XL』は700台程度が目標という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン