このページの本文へ

ソフトバンク・ファイナンス、アイルランドのCognotecへ2000万ドルの増資

2000年01月25日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク(株)の100%出資子会社のソフトバンク・ファイナンス(株)と同社の100%出資子会社であるソフトバンク・インベストメント(株)は24日、インターネットによる外国為替ディーリングソフトの開発とサービスを供給しているアイルランドのCognotec社に対し、2000万ドル(約21億円)の増資を行なったと発表した。これにより両社はCognotecの発行済株式の17%を保有することになる。
ソフトバンク・ファイナンスとCognotecは日本におけるジョイントベンチャーとして'98年にフォレックスバンク(株)を設立しており、日本の金融機関に対しインターネットを利用した自動外国為替ディーリングソフトの“オートディール・ライト”を供給している。今回の増資は、Cognotecの提供するサービスの将来性、技術水準の高さを確信し、同社のグローバルな事業展開を支援していくことを目的としたもの。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン