このページの本文へ

日本HP、消失データを1時間以内に復旧する“HPビジネスリカバリ・サービス”を開始

2000年01月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は、“HPビジネスリカバリ・サービス”を24日から販売する。なお、サービスの提供は4月1日からとなる。

同サービスは、災害などの不測の事態が発生して社内サーバーのデータが紛失しても、ビジネスをすみやかに復旧・継続させることができるというもの。これにより、経済的損失や顧客喪失などの様々なリスクを回避できる。また、自社でバックアップセンターを持つよりも低コストに押さえられるとしている。

サービス内容に応じて6種類から選べ、『HP BRS コンティニュアス』は災害発生からエンドユーザーが使用可能になるまでの時間が1時間以内で、年額7400万円から。『同 イミーディエイト』は2時間から8時間で、年額1700万円から。『同 クリティカル』は8時間から24時間で年額450万円。『同 コア』は24時間から72時間で、年額220万円から。『同 ベーシック』は72時間以上で、年額120万円からとなっている。

サービスの対象となるシステムは、HP 9000 エンタープライズ・サーバー、HP NetServer、他社のWindows NT搭載パソコンサーバー(Intelベース)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン