このページの本文へ

日本ゲートウェイ、Mobile Pentium III-600/650MHzを搭載したノートパソコン『Gateway Solo 9300』を発売

2000年01月19日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ゲートウェイ(株)は19日、SpeedStepテクノロジ対応のMobile Pentium III-600/650MHzを搭載したノートパソコン『Gateway Solo 9300』を発表した。

Gateway Solo 9300
Gateway Solo 9300



同製品は、本日インテルが発表したSpeedStepテクノロジ対応のCPU、Mobile Pentium III-600/650MHzを搭載している。同CPUは、ACアダプター駆動時と内蔵バッテリー駆動時で動作クロックを変え、最適な動作、消費電力の低減を実現するという。

Mobile Pentium III-650MHzを搭載した標準モデルは、15.7インチTFTカラー液晶ディスプレーを採用しており、1280×1028ドット表示可能。メモリーは128MBのSDRAM、HDDはUltra ATA/33対応の18GB、20倍速CD-RWドライブ、FDDはSuperdisk LS120を搭載。グラフィックチップにはATI Rage MObility-P(8MB)、サウンドチップは、米ESS社のMaestro-2Eを採用している。

OSはWindows 98 Second Edition。インストールされている主なソフトはPostPet、駅すぱあと、フォトエクスプレス2 SEなど。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーを採用しており、最大駆動時間は約4時間。サイズは幅333×奥行き286×高さ41mm、重さ3.9kg。価格は47万8800円。

同製品は、BTOが可能となっており、ユーザーの要望に応じて機器やソフトの構成を変更できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン