このページの本文へ

メルコ、データ電送速度が11Mbitの無線LAN『AIRCONNECT 11Mbpsシリーズ』を発売

2000年01月14日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは14日、無線LAN『AIRCONNECT 11Mbpsシリーズ』をBUFFALOブランドより発売すると発表した。'99年11月にIEEEが正式承認した電波周波数2.4GHz帯を使った高速規格“IEEE802.11b”に準拠し、11Mbitのデータ電送速度を実現している。シリーズの商品構成と価格は以下のとおり。出荷開始は1月下旬予定。

・無線LANアクセスポイント『WLA-T1-L11』(5万4800円)

・PCMCIAスロット用カード『WLI-PCM-L11』(1枚2万6800円、5枚、10枚のカードセットも用意)

・PCIバス用カード『WLI-PCI-L11』(3万1800円)

・ISA用バスカード『WLI-ISA-L11』(3万1800円)

・無線LAN導入パック『WLA-PCM2-L11』(9万5000円、無線LANアクセスポイントとPCMCIAスロット用カード2枚のセット)

『WLA-T1-L11』
『WLA-T1-L11』



『WLI-PCI-L11』
『WLI-PCI-L11』



今シリーズは共通で、無線コントローラー部分に米ルーセント・テクノロジー社のコア技術を採用し、昨年1月に発表した『AIRCONNECT 2Mbpsシリーズ』との通信に対応する。同技術は米アップルコンピュータ社のワイヤレスネットワーク『AirPort』に採用されており、『AIRCONNECT 11Mbpsシリーズ』は『AirPort』への対応も視野に入れているという。そのほか特徴として、14チャンネルを持ち、MACアドレス登録機能が追加された。

アクセスポイント製品、無線LANカード製品ともに対応OSはWindows 95/98/NT4.0で、Windows2000への対応も予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン