このページの本文へ

IPMI日本支部、IPマルチキャストでMP3の音楽配信実験を開始

2000年01月13日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブ内のIPMI(IP Multicast Initiative)日本支部は12日、MP3技術を利用した音楽配信実験を開始したと発表した。配信先はIPマルチキャストの相互接続運用実験網の“J/Splash”となる予定。配信される音楽番組は、環境音楽配給会社の(株)毎日映像音響システムより提供される、ヒーリングイメージのBGM(12曲)、およびグループミュージックのBGM(17曲)からなる2チャンネルで構成される。24時間のストリーミング配信が行なわれる。番組を聴取するには、RTP(Realtime Transport Protocol)対応のMP3アプリケーションが必要。
IPMIは、IPマルチキャスト技術の普及を目的として、'96年に米国で設立された業界団体でStardust.com社が主催している。
同日本支部では今回の実験を通し、インターネット上での音楽配信におけるIPマルチキャストの実利用モデルを具体的に示し、コンテンツ提供者へ広くアピールしていきたいという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン