このページの本文へ

マウスコンピュータージャパン、ATXミドルケース型のPentium III-800MHz搭載モデルを発表

2000年01月13日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウスコンピュータージャパン(株)は12日、Pentium III-800MHz搭載のパソコンを新たにラインアップに追加したと発表した。あわせて、AMD Athlon-800MHz搭載のモデルも発表した。

MDV P800GT/820MDV P800GT/820



MDV P800GT/820は、CPUにPentium III-800MHzを搭載している。チップセットにはi820、メモリーは128MBのSDRAM、HDDはUltra ATA/33対応の20GB、最大50倍速のCD-ROMドライブを採用している。グラフィックチップは米nVIDIA社のGeForce 256、ビデオRAMは32MB、サウンドチップはオンボードで搭載している。OSは付属していない。ケースはATXミドルケース。

価格は19万9800円。販売は13日から。同社は、BTOを採用しているので、ユーザーの希望により機器の構成を変更できる。

あわせて、AMD Athlon-800MHz搭載のモデル『MDV A800GT』も発表された。価格は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン