このページの本文へ

ブラザー工業、オンデマンド作成が可能な業務用スタンプ作成機『SC-2000』ネーム印対応版を発売

2000年01月04日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラザー工業(株)は12月27日、同社が'99年5月に発売した本格的な浸透印(スタンプ台が不要なインク内蔵タイプのスタンプ)を作成できる業務用スタンプ作成機“スタンプクリエータープロ『SC-2000』”のネーム印対応版を1月6日に発売すると発表した。価格はオープンで、市場推定価格は約40万円。

“スタンプクリエータープロ『SC-2000』”ネーム印対応版
“スタンプクリエータープロ『SC-2000』”ネーム印対応版



同製品は、パソコン上で印面デザインを作成後、約3分でスタンプの作成が可能というオンデマンドスタンプ作成機。解像度600dpiの印面作成が可能で、作成した印はインク補充を行なえば約5万回捺印できるという。

今回新たにネーム印の作成が可能となり、ネーム印の在庫や、特殊な名字などの特別注文の必要がなくなるという。マウスだけで編集可能な専用ソフト『ネーム印エディタ』を添付する。ネーム印のデザインは12パターン用意されており、正楷書体と半古印体の2書体を標準装備する。TrueTypeに対応した各種日本語アウトラインフォントの使用も可能。ネーム印のサイズは直径10mmで、インクの色は朱色。

作成したネーム印
作成したネーム印



そのほかのスタンプのサイズは12×12mmや40×90mmなど11種類。インクの色は黒、赤、青、朱、緑(近日発売を予定)の5種類。付属のソフトとして、スタンプにアクセントをつける“クリップアート入力機能”や“飾り枠入力機能”のほか、顔写真や会社のロゴを入力するための“イメージ取り込み機能”などを搭載する。

対応OSは、Windows 95/98/NT 4.0(ネーム印エディタはWindows 95/98)、漢字Talk 7.5.3以上(同MacOS 8.1以上)。インターフェースは、Windowsの場合はCOMポート9ピンまたはプリンターポート25ピンで、Macintoshの場合はモデムポートまたはプリンターポート。ただし、1部動作しないDOS/Vパソコンもあるという。本体サイズは、幅470×奥行き238.3×高さ180.8mmで、重さは約8kg。

なお、業務用としてだけでなく、企業も対象に販売していくという。同社では、スタンプ約100個で導入コストの採算が取れるとしている。

また、同製品の従来品を購入したユーザーには無償でネーム印対応バージョンアップキットを送付するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン