このページの本文へ

エキサイト、女性向け総合ポータルサイト“Woman.Excite”をオープン

1999年11月24日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エキサイト(株)は、女性向け総合ポータルサイト“Woman.Excite”を11月25日に開設すると発表した。

“Woman.Excite”トップページ画面
“Woman.Excite”トップページ画面



Woman.Exciteは、主に20代~30代前半の働く女性や主婦を対象に、映画/音楽、恋愛/結婚、ファッション、美容など生活や仕事に役立つ情報やサービスを提供するポータルサイト。

“エンターテインメント”“LOVE&結婚”“ビューティー&ヘルス”“キャリア アップ”“コンピューター”“ニュース”“お金”“ショッピング”“トラベル”“カルチャー”“ライフスタイル”“Exciteママ”“グルメ”という全14チャンネルのコンテンツを用意している。

このほか、ニュースや占い、天気、“今日のドラマ”、“今日のごはん”などの情報を日替わりでトップページに掲載する。各チャンネルの詳細は以下の通り。

・エンターテインメント:日替わりサービスと連動して映画や音楽、懸賞、タウン情報を紹介
・LOVE&結婚:恋愛や結婚、出会いに関する情報
・ビューティー&ヘルス:美容と健康に関する情報
・キャリア アップ:テンプスタッフ(株)と提携し、テンプスタッフからコンテンツ提供を受け、派遣を含めた求人や資格、海外留学などの情報を掲載
・コンピューター:初心者の女性向けにコンピューターや電子メールについて解説
・ニュース:社会ニュースや芸能ニュース
・お金:株式や税金などの情報を提供、今後オンライントレードシミュレーションゲームの提供なども予定している
・ショッピング:オンラインショッピングサイトや個人輸入についての情報
・トラベル:温泉ガイドやホテル/交通情報
・カルチャー:生け花や写真など趣味や教養に関する情報
・ライフスタイル:冠婚葬祭マナーやガーデニング、ペットに関する情報
・Exciteママ:妊娠、出産、子育てに関する情報
・グルメ:各地のレストランガイドやレシピを紹介

チャンネルの内容は、同社が運営する総合ポータルサイト“Excite”とは異なり、女性向けに構築し直している。また、チャンネル内容とともに画面左端に“ナビゲーションバー”を表示する。このバーは、現在表示しているページがどのチャンネル内のコンテンツか確認できるもので、初心者の女性でも直感的に操作できるよう考慮したという。

検索エンジンは、専門スタッフがWoman.Excite用に選択したサイトのみをディレクトリーに登録、そのディレクトリー集から、検索を行なう仕組み。検索したいものがみつからなかった場合は、Excite本体側のサーチ結果ページにアクセスできるようになっている。また、オプション機能として、女性が不快に思うようなアダルトコンテンツを検索結果から除外できる“エキサイトプロテクター”も備えている。

同社のGM日本法人責任者である山村幸広氏は、「米国のインターネットユーザー数は7000万人。日本も急速に数字を伸ばし現在は1500万人、2002年には3000万人になると言われている。中でも女性ユーザーの割合が今年になって急激に伸びてきている。この女性ユーザー層の拡大に対応するため、Woman.Exciteを立ち上げた。Woman.Exciteで女性向けコンテンツを充実させ、業界の先陣を切って女性ユーザーの拡大に貢献していきたい。米国では女性向けコンテンツがたくさんあるが、日本はインターネット上での女性向け総合情報サイトは成立していない。われわれはWoman.Exciteを女性向けサイトのNo.1に育てていく」と意気込みを語った。Woman.Exciteの2000年度の目標は1日100万ページビュー。売上目標は、広告2億円、ショッピング3億円の合計5億円としている。

また同氏は、ポータルサイト運営における競合他社との差別化について、「このWoman.Exciteが差別化のひとつの鍵になると考えている。最終的にはブランドの戦い。ブランドをどう構築していくかがポータルの戦いのキーポイントだと思う」としている。

なお同社は、Woman.Excite開設を記念し、プレゼントキャンペーン“Woman.Excite オープニングキャンペーン”を11月25日から12月27日まで実施する。同キャンペーンは、Woman.Exciteを友人や知人に紹介し、紹介を受けたユーザー(ゲスト)がサイト上の応募フォームで応募すると、抽選で紹介者とゲストの両者に、ハワイ旅行や携帯情報端末などの賞品が当たるというもの。当選者の発表は2000年1月下旬にサイト上で行なわれる。

発表会場にとよた真帆さんが登場

発表会場には、普段インターネットや電子メールを使いこなしているという女優のとよた真帆さんが登場し、トークショーが行なわれた。

女優のとよた真帆さん。「Woman.Exciteは全体的に見やすくていいですね。利用して役立てていきたいと思います。今後は情報がさらに幅広くなってくれるとうれしい」
女優のとよた真帆さん。「Woman.Exciteは全体的に見やすくていいですね。利用して役立てていきたいと思います。今後は情報がさらに幅広くなってくれるとうれしい」



「(インターネットを始めたきっかけは)友達がやっていたので私もメールをやりたかったのと、趣味で絵を描くのでその絵にデジタルで特殊効果を入れたくてコンピューターを買いました。それからインターネットを始めて、もう2年くらいやっています。メールのやり取りは毎日してますし、朝のTV番組をやっているのでニュースはインターネットで入手してます」というとよたさん。

「マシンは自宅に2台あります。携帯端末はまだ持ってないんですが欲しいですね。旅行によく行くので、デジタルカメラで撮った写真をメールで送りたい」



「インターネットはなくてはならないものになっています。例えばニュースひとつでも、新聞だけでは情報が足りなくてもっと専門的なことを知りたいときに、すぐそのサイトにアクセスできる。電子メールも、先日パーティーを開こうと思って“Cc”付きでメールを出したら60人集まったんですよ。携帯電話ではこうはできないですよね」

「インターネットは、一見こもっている感じがしますが、実は交流が広がっているもの。コンピューターは難しいという概念もなくなってきたと思います」と笑顔で締めくくった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン