このページの本文へ

独BOL Medienが書籍オンラインショップ利用者急増中と言明、背景にネット人口の増加

1999年11月17日 00時00分更新

文● ドイツ在住ジャーナリスト 高松平藏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オンライン専門の書籍販売会社、BOL Medien はこのほど、利用者が急増していることを明らかにした。同社広報担当の Thomas.Keil氏によると、月々10パーセント程度の売上増が続いており、今期1800万マルク(約10億円)の売り上げを見込んでいるという。

BOL Medien広報担当のThomas.Keil氏
BOL Medien広報担当のThomas.Keil氏



オンラインでの書籍購入利用者が増えた理由は「オンラインショッピングの利便性に人々が気づいたこと」(同氏)、そして、オンラインショップ利用に不可欠なプロバイダー加入者が増えたことにある。

特にプロバイダー加入者は、ここ1年で約40パーセント程度増加している。ネット人口が急激に増えているのである。ドイツのある書籍オンラインショップ専門会社は、、2002年までこのペースで増えていくと予想している。ドイツ国内における書籍の市場規模170憶マルク(約9400億円)のうち、オンラインによる購入は現在6000万~7000万マルク(約33億~39億円)程度。2002年には12億マルク(約66億4000万円)にのぼると見ている。

新しい技術には保守的という傾向が強いドイツだが、インターネットに関しては抵抗感も薄れてきているようだ。ただし、決済は振り込みによる。「アメリカ人はクレジットカードで決済するが、ドイツでは請求書発行が必要」とKeil氏は苦笑する。ドイツらしさが決済の段階で残る。

BOL Medien はドイツ最大手の総合出版社Verlagsgruppe Bertelsmannの子会社として今年の2月に創業した。同グループのマルチメディア戦略の一環として位置付けられた会社だ。現在、ドイツ国内ではAmazon.comについで第2位のシェアを占めている。来春には日本へも進出する計画がある。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン