このページの本文へ

シャープ、業務用モバイルコンピューター『コペルニクス』を発表

1999年11月17日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は16日、業務用モバイルコンピューター『コペルニクス』(RW-A240)を発表した。



同製品は、B5サイズ(幅257×奥行き170×高さ22.4mm)で重さ約950g(バッテリー含む)に、8.4型TFTカラー液晶ディスプレー(800×600ドット、約26万色)を採用。入力や操作はペンや指で触れるタッチパネル方式。また標準でテンキーも搭載。
CPUにMobile Celeron-266MHzを搭載し、SDRAM 64MB(最大192MB)、Ultra ATA/33 HDD 4.3GB、CardBus対応PCカードスロット(Type II)×1、AC97準拠のサウンドチップ、スピーカー、光通信ポート(IrDA1.1/1.0)、V.90/K56flex対応モデム、USBポート、CRTポート、ヘッドセット端子、拡張ポートを装備。OSにはMicrosoft Windows 98 Second Editionを内蔵。
電源は専用バッテリーか付属のACアダプターを用いる。消費電力は約40W。バッテリーは内蔵で約2時間、オプションの拡張バッテリーの装着で約6時間の使用が可能。

価格はオープンプライス(予想実売価格は30万円台前半)、発売は11月29日となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン