このページの本文へ

コベルコシステム、マルチプラットフォーム対応ファイル転送ユーティリティーのLinux版を発売

1999年11月16日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コベルコシステム(株)は15日、AIX/Linux/Windows NTといったマルチプラットフォーム間のデータ連携を行なうファイル転送ユーティリティー『A-FTU(Advanced File Transfer Utility) Linux版』を発売すると発表した。

同製品は、11月25日から大阪で開催する“コベルコシステム ソリューションフェア'99”への出展に合わせて出荷される。
対応プラットフォームは、OS/390、OS/400、AIX、HP-UX、Linux、Windows NT。対応Linux環境は、TurboLinux Server 1.0、またはLASER5 Linux 6.0。

また同社は、米Cybernet社と提携し、Linuxディストリビューション『NetMAX』の国内販売における共同マーケティングを行なう計画を発表した。同社では他にも、日本アイ・ビー・エムとのビジネス・パートナー契約を結ぶなど、Linuxビジネスの強化策についても発表した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン