このページの本文へ

富士通ミドルウェア、情報処理試験対策ソフト『楽々合格』シリーズの2000年度版3製品を発表

1999年11月15日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通ミドルウェア(株)は、情報処理試験対策ソフト『楽々合格』シリーズの2000年度版を発表した。第1種情報処理、第2種情報処理、初級システムアドミニストレータにそれぞれ対応した3製品。対応OSはWindows 95/98/NT 4.0で、発売は12月10日。

楽々合格シリーズ2000年度版。左から第1種情報処理試験、第2種情報処理試験、初級シスアド 楽々合格シリーズ2000年度版。左から第1種情報処理試験、第2種情報処理試験、初級シスアド



開発は(株)富士通静岡エンジニアリングが担当し、(財)日本情報処理開発協会の中央情報研究所講師を務める日高哲郎氏が内容を監修した。

合格レベルに達するまで分野ごとに繰り返し出題、学習の進度をグラフ表示する機能を備えている。また試験直前対策として、過去4回分の実際の試験問題と、傾向を分析して作られた模擬試験も用意されている。

『楽々合格 第一種情報処理試験 2000年度版』は、'95~'99年までに実施された試験で出題された問題計521問に加え、868の用語解説と、各分野ごとの傾向と対策も収録した。価格は5800円。

『楽々合格 第二種情報処理試験 2000年度版』は、'89年から'99年秋期試験に出題された最新の問題まで計1143問と880の用語解説を収録。価格は4800円。

『楽々合格 初級シスアド試験 2000年度版』は、'94~'99年秋期までの試験問題に、傾向を分析して作成されたオリジナル問題を加えた計841問と、560の用語解説を収録した。価格は4800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン