このページの本文へ

高電社、中国語入力ソフトの最新版『Chinese Writer V5』を発売

1999年11月12日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)高電社は11日、中国語入力ソフト『Chinese Writer V5』を12月6日に発売すると発表した。

中国語入力システムとフォント集『Chinese Writer V5』は、CWコードとGBコード、BIG5コードの3種類の入力方法や手書き入力の認識に対応したIMEと、中国語フォントとしてCW簡体字10書体とGB簡体字10書体、CW繁体字2書体、BIG5繁体字2書体を搭載。ワープロソフトや電子メール、ウェブブラウザーなどで中国語の入力や表示を可能とする。
V4からのバージョンアップで、Microsoft Office 2000に対応したほか、新たに『日中ビジネス文例辞典』を搭載、中国語フォントを24書体に拡張した。
価格は3万9800円で、対応OSはWindows 95/98/NT 4.0 日本語版。
『Chinese Writer V4』などからのバージョンアップも別途用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン