このページの本文へ

IBM、20.8インチのTFT液晶パネル『ITQX20』を開発

1999年11月11日 00時00分更新

文● 編集部 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エムは10日、業務用の20.8インチTFT液晶パネル『ITQX20』を開発したと発表した。

同製品は、20.8インチの液晶パネルに2048×1536ドット(QXGA)の表示ができるというもの。従来の18.1インチパネル1280×1024ドット(SXGA)と比較すると、表示可能なドット数が2.4倍になった。本体サイズは幅457×奥行き45×高さ350mm。

業務用の20.8インチTFT液晶パネル『ITQX20』
業務用の20.8インチTFT液晶パネル『ITQX20』



ITQX20では、カラーフィルターと液晶の隙間を保つ技術として“パールレス技術”を採用している。これは、プラスチックの球の代わりに光を透過しない柱を利用するもので、黒色の表示をより黒くできるという。従来の液晶パネルでは、カラーフィルターとTFTアレイの隙間を均一に保つため“スペーサー・ボール”と呼ばれるプラスチックの球(マイクロパール)を用いていたが、プラスチックの球がバックライトを透過するため、黒色が浅くなっていた。

また、ITQX20では広視野角技術(IPS)を採用したことにより、上下、左右ともに170度の視野角を実現しているという。同社では15日から米ラスベガスで開催されるCOMDEX/FALL'99にて、ITQX20を公開する予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン