このページの本文へ

日本ユニシス、インターネットによるASP事業に参入

1999年11月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ユニシス(株)は9日、同社企画のEビジネス分野を事業化すると共に企業間(B to B)ビジネスへの即戦力となるプラットフォームを構築し、ASP(Application Service Provider)サービス“asaban.com(朝晩どっと混む)”を2000年2月に開始すると発表した。同サービスは、同社で企画した新規事業を運営すると共に、企業のEビジネス企画の実現や同社も含む企業連携によるEビジネスの協業実現などのために利用できる。このサービス基盤は、認証、課金、決済、顧客管理などの基本サービスをはじめ、XMLを活用したデータベース、電子キャビネットサービスなど、Eビジネスを始めるために必要な機能を用意している。料金体系は一括販売やレンタルのほか、その機能を使用した分だけ支払う従量制も採用する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン