このページの本文へ

【COMDEX/Japan '99 レポート Vol.7】『Red Hat Linux』、『Turbolinux』、『Laser5 Linux』、『OpenLinux』が一堂に

1999年11月09日 00時00分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

千葉・幕張メッセで開催中のCOMDEX/Japan '99のリナックス・ソリューション・ゾーンでは、レッドハット(株)の『Red Hat Linux』、ターボリナックスジャパン(株)の『TurboLinux』、レーザーファイブ(株)の『Laser5 Linux』、さらに米カルデラ・システムズ社の『OpenLinux』が一堂に展示されている。

リナックス・ソリューション・ゾーンでも、もっとも目立つ、レッドハットのブース。ステージでは、Linuxそのものの解説から始まり、『公認Red Hat 6.1 Linux日本語版』の特徴を丁寧に説明していた
リナックス・ソリューション・ゾーンでも、もっとも目立つ、レッドハットのブース。ステージでは、Linuxそのものの解説から始まり、『公認Red Hat 6.1 Linux日本語版』の特徴を丁寧に説明していた



ターボリナックスジャパンブースでは、来場者が実際に操作できるマシンを前にしながら『TurboLinux PRO 日本語版4.2』をアピール
ターボリナックスジャパンブースでは、来場者が実際に操作できるマシンを前にしながら『TurboLinux PRO 日本語版4.2』をアピール



(株)ネオナジーでは、“ビジネスシーンへのLinux導入”をうたい文句に、米カルデラ・システムズ社の『OpenLinux 2.3日本語版』のデモンストレーションを行なっていた
(株)ネオナジーでは、“ビジネスシーンへのLinux導入”をうたい文句に、米カルデラ・システムズ社の『OpenLinux 2.3日本語版』のデモンストレーションを行なっていた



ステージなどのイベントはなく、おとなしめのレーザーファイブ(株)のブースでは、Linuxの2大デスクトップ環境である“GNOME”と“KDE”を、日本GNOMEユーザ会と日本KDEユーザ会が、それぞれ展示していた
ステージなどのイベントはなく、おとなしめのレーザーファイブ(株)のブースでは、Linuxの2大デスクトップ環境である“GNOME”と“KDE”を、日本GNOMEユーザ会と日本KDEユーザ会が、それぞれ展示していた



(株)アクアリウム・コンピューターは、9月のLinux World Expoで発表した、Linux搭載の小型サーバー『blue grass』を展示。左側の白い『white neon』はblue grassのプロトタイプ
(株)アクアリウム・コンピューターは、9月のLinux World Expoで発表した、Linux搭載の小型サーバー『blue grass』を展示。左側の白い『white neon』はblue grassのプロトタイプ



ノーザンライツ(株)ブースに展示されていた、分散並列処理クラスターシステム『NL Cluster-SCI』でクラスター化されたサーバーシステム
ノーザンライツ(株)ブースに展示されていた、分散並列処理クラスターシステム『NL Cluster-SCI』でクラスター化されたサーバーシステム

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン