このページの本文へ

マイクロソフト、Windows 2000 RC2版を11月下旬に配布

1999年11月02日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は、報道関係者を対象とした“Microsoft Windows 2000 Press Seminar”を開催、Windows 2000 Release Candidate 2(RC2)版を配布した。



今回のプレスセミナーでは、Windows 2000の製品体系の変更が発表された。

Windows 2000 Professionalは、Windows 95/98からWindows 2000 Professionalへのアップグレードパスの設定が可能。SMPサポートは2プロセッサーまで。価格はWindows NT Workstation 4.0と同程度。

Windows 2000 Serverは、Active Directoryターミナルサービス機能が追加されたほか、セキュリティー機能の改善、COM+対応などが図られている。SMPサポートは4プロセッサーまで。価格は若干アップするものの、他社サーバーOSより安価という。

Windows 2000 Advanced Serverは、2ノードクラスタリング対応で、メモリーを最大8GBまでサポートする。SMPサポートは8プロセッサーまで。価格はWindows NT Server 4.0 Enterprise Editionと同程度。

Windows 2000 Datacenter Serverは、プロセスコントロールマネージャーを搭載し、4ノードクラスタリング対応。SMPサポートは32プロセッサーまでで、メモリーは最大64GBまで対応する。価格は、相対的にSun UE6000/6500よりも経済的な価格となるとしている。

また、Windows 2000 β3からRC2への機能変更として、Compaq Alpha CPUのサポート中止、Domain Name Serviceサーバー(DNS)のエージング機能の追加、“サーバー構成ウィザード”と“Active Directoryインストールウィザード(DCPROMO)”のユーザーインターフェースの変更が発表された。また、IN-Memory Database(IMDB)を削除して、次期SQL Serverに同等の機能を搭載する。COM+ Load Balance(CLB)も削除し、AppCenter Serverの機能として提供するという。

なお、企業向けのRC2版配布は、11月下旬に行なわれるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン