このページの本文へ

クリエイティブメディア、Sound Blaster Live!シリーズ3製品などを発表

1999年09月22日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は、サウンドボード“Sound Blaster Live!”シリーズのニューモデル3製品を発売する。これら3製品には、Sound Blaster Live!に新たな性能や機能を追加するアップグレード・プログラムの最新版“Live!Ware 3.0(日本語版)”が採用されている。

『Sound Blaster Live! Platinum for DOS/V』
『Sound Blaster Live! Platinum for DOS/V』



『Sound Blaster Live! Platinum for DOS/V』は、5インチドライブベイに設置するLive!Drive!を利用し、マイク/MD/DAT/MIDI機器を含むさまざまなアナログ・デジタル機器のフロントパネル接続を可能とするもの。価格3万2800円で、10月下旬発売予定。対応OSは未定。

『Sound Blaster Live! Digital Audio for DOS/V』は、完全なデジタル接続によりスタジオ品質でMP3ファイルを含むサウンド制作をこなすことができるという。価格2万5800円で9月下旬発売。対応OSは、Windows 95/98/NT4.0。

『Sound Blaster Live! X-Gamer for DOS/V』は、デジタルDIN接続したスピーカーを利用することで、迫力のゲームサウンドを楽しめるというもの。価格1万5800円で9月下旬発売。対応OSは、Windows 95/98/NT4.0。

また同社は、米nVIDIA社製のグラフィックチップ『GeForce256』を搭載したグラフィックボード『3D Blaster GeForce 32MB AGP』を9月下旬から発売する。GeForce256は、座標変換/光源計算/セットアップ/レンダリングを行なうチップで、CPUの負荷を大幅に減らすという。解像度は最大2048×1536ドットに対応する。価格は3万4800円。対応OSは、Windows 95/98/NT4.0。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン