このページの本文へ

IATAと米IBM、航空業界向けのe-ticketシステムを共同開発

1999年08月18日 00時00分更新

文● 編集部 堀田ハルナ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IATA(国際航空運送協会)と米IBM社は11日(現地時間)、世界各国の航空会社を連結する“e-ticketシステム”を共同開発すると発表した。

e-ticketシステムは、航空券をペーパーレス化し、搭乗カウンターで本人の確認を取るだけで、飛行機に乗ることができるというもの。利用者にとっては、予約の変更が容易になるほか、チケットを紛失する心配から開放されるというメリットがある。航空会社も、発券に要するコストを大幅に削減できるのが特徴。また、各航空会社はそれぞれ簡単なインターフェースを開発するだけで、このシステムを利用したe-チケットの作成、保管、発行が可能になる。

このシステムは米系を中心に大手航空会社で既に導入されているが、今回の共同開発により、IATA会員航空会社266社がこのシステムに参加できることになる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン