このページの本文へ

オムロン、かな漢字変換システム『Wnn』をオープンソース化

1999年07月07日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オムロン(株)は、同社のかな漢字変換システム『Wnn』をオープンソース化し、『FreeWnn』として公開した。WnnはUNIX用の日本語入力システムとして、同社と京都大学が'85年に開発を始めたもので、現在までに『Wnn4.2』までがフリーで公開されている。Solaris、Linux、FreeBSDに対応する。

従来のWnn4.2では、独自の許諾条件が規定されていたが、今回発表したFreeWnnでは、オープンソースに伴なう許諾条件をGNU Public License(GPL)に準じたものとする。これにより、ユーザーはFreeWnnを自由に改変、頒布、複製できることになった。

同社は製品版(有料)としての『Wnn6』を開発し、販売しているが、Wnn4.2をFreeWnnとしてオープンソース化することで、Wnnに関するフリーの開発活動の活性化を狙う。同社では今後、FreeWnnの開発が有志の手によって継続されることを期待している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン