このページの本文へ

アラジンジャパン、悪質なコンテンツからPCを守るセキュリティーシステムを発売

1999年07月07日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アラジンジャパンは、インターネットコンテンツセキュリティーシステム『eSafe Protect Enterprise 2.1』、および『eSafe Protect Desktop 2.1』を8月に発売する。



両製品は、ウイルスやインターネットバンダル(悪質なJava、ActiveX等でPCに被害を与えるコンテンツ)から、ネットワークやPCを保護するセキュリティーシステム。コンテンツフィルター機能やパーソナルファイヤーウォール機能などを統合したインターネットバンダルセキュリティーや、未知のマクロウイルスの検出および除去が可能な“マクロ・ターミネータ”などを搭載する。

価格は、eSafe Protect Desktopが9800円、eSafe Protect Enterpriseはユーザー数によりライセンス料金が異なる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン