このページの本文へ

“浦安を日本のシリコンバレーに”――千葉県浦安市にコンピューター関連の協同組合が発足へ

1999年07月02日 00時00分更新

文● 編集部 白神貴司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

千葉県浦安市内では、“浦安を日本のシリコンバレーに”を旗印に、コンピューター関連企業、団体などが集まり、協同組合の設立準備を進めており、1日、そのための設立準備委員会が発足した。協同組合の名称は“浦安コンピュータ協同組合”(仮称)で、代表には、ぴあ(株)の藤原周作社長が就任する。同氏は「市内にはディズニーランドなどベンチャーを刺激する環境とインテリジェンシーの高い人々が住んでいる」とコメントしている。同協会は設立時は10数社の参加が予定されている。この組合によって参加企業、団体の交流を深め、地域に密着したコンピューター関連のベンチャー企業、個人の下支えを行ない、発言力を強めたいとしている。

    浦安コンピュータ協同組合(仮称)問い合わせ先:TEL..047-353-0087

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン