このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

エプソンダイレクトが、PentiumII-350MHz/400MHz搭載のタワー型パソコンを発売

1998年04月15日 00時00分更新


 エプソンダイレクト(株)は、B.T.O.(Build to Order)パソコン『Endeavor Pro-400L』シリーズに、CPUにPentiumII-350MHz/400MHzを、チップセットに『440BX AGPset』を搭載したタワー型『Endeavor Pro-400L』と、ミニタワー型『Endeavor Pro-400S』を追加した。

 



 『Endeavor Pro-400L』と『Endeavor Pro-400S』ともに、CPUにPentiumII-350MHzか、同400MHzのいずれかを選択できる。また、チップセットは『440BX AGPset』を採用しており、オプションに追加された、i740グラフィックスチップ搭載ビデオボード『V2740』との組み合わせにより、優れた3Dグラフィックスパフォーマンスが実現できるという。

 メモリーは100MHzのSDRAMを32MB(最大384MB)を搭載、Ultra DMA対応の2.1GBHDD、最大24倍速のCD-ROMドライブ、AGPスロット1基を含む合計7基のオプションスロットを搭載、OSはWindows95か、Windows NT Workstation 4.0のいずれかを選択できる。

 『Endeavor Pro-400L』は、OSにWindows95、CPUにPentiumII-400MHz、ビデオボードに『V2740』を採用したモデルが価格24万3500円。『Endeavor Pro-400S』は、同じスペックのモデルが、価格24万500円。また、両モデルともPentiumII-350MHz搭載モデルは、2万5000円安くなる。

 同時に発売したパッケージモデル『Endeavor Pro-400Sバリューパック』は、PentiumII-400MHz、メモリーは100MHzのSDRAMを32MB、Ultra DMA対応の2.1GBHDD、最大24倍速のCD-ROMドライブ、ビデオボードに『PCI-V264GT/PLUS』を搭載、OSにWindows95を採用し、価格は21万8000円。

 また、新モデルの発表に合わせ、既存製品の値下げも発表、パソコン本体が最大18.6パーセント、オプションが最大28.6パーセントの値下げを実施した。(報道局 佐藤和彦)

http://www.epsondirect.co.jp/whatsnew/980415.asp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン