このページの本文へ

カシオ、簡易動画も撮影可能なデジタルカメラを発表

1998年03月04日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 カシオ計算機(株)は、約3.2秒間の簡易動画撮影も行なえるデジタルカメラ『QV-770』を発表した。価格は5万3000円、3月26日に発売する。



 4分の1インチ35万画素CCDを搭載し、640×480ドットで撮影が可能。約0.1秒間隔で32コマを連写し、約3.2秒の簡易動画として撮影・再生する機能のほか、複数枚の画像を境目なくつないだパノラマ画像の撮影・再生機能、パソコンなどとコードレスの画像通信が行なえるIrDA対応の赤外線通信ポートなどを搭載する。4MBのフラッシュメモリーを内蔵、エコノミーモードでは約120枚の撮影が可能だ(記録フォーマットはJPEG方式)。

 従来方式に比べ、約2倍の画素数を実現した1.8インチの12万画素HAST(Hyper Amorphous Silicon)液晶モニターを搭載するほか、4コマ連続で撮影できる“タイムショット撮影”機能や、画像合成機能、タイトル・イラスト合成機能などの編集機能を搭載。フラッシュも装備する。

 本体サイズは幅129×奥行き38×高さ66mm、重さは約200g。(報道局 井上哲郎)

http://www.casio.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン