このページの本文へ

日本DECが、WindowsNT用サーバー『DIGITAL Server』シリーズを発表

1998年02月16日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


  日本ディジタルイクイップメント(株)は、WindowsNT用サーバー『DIGITAL Server』シリーズを発表した。CPUにAlphaチップを搭載した旧『AlphaServer』シリーズと、インテル製チップを搭載した旧『DIGITAL Prioris Server』シリーズを統合したもので、『DIGITAL Server 1200』、『同3000』、『同5000』、『同7000』の4シリーズ11機種。出荷は2月下旬の予定。シリーズ全体で'98年に2万台の出荷を見込んでいる。



 Pentium搭載モデルは、4シリーズ5機種で、PentiumII-233MHzを搭載した『DIGITAL Server 1200』は、メモリー32MBで、最大512MB搭載可能。オプションのCPUアップグレードキットにより2CPU構成が可能となり、HDDもオプションで最大36GB搭載可能。価格は、38万1000円。また、Pentium搭載の最上位機種である『DIGITAL Server 7100R』は、Pentium Pro-200MHz搭載、オプションで、4CPU構成が可能、メモリーは最大4GB、HDDは最大45GB搭載可能。価格は218万1000円。

 Alphaチップ搭載モデルは、3シリーズ6機種で、CPUにAlpha21164-400MHzを搭載した『DIGITAL Server 3300』は、メモリーが標準64MB、最大2GB、HDDも最大36GB搭載可能。価格は113万4000円と従来機の約半分。最上位機種の『DIGITAL Server 7305R』は、Alpha21164A-533MHzを搭載、オプションで4CPU構成が可能。メモリーは、標準128MB、最大8GB、HDDも最大510GB搭載可能。価格は456万8000円。

 また、同社はデスクトップパソコンの新製品1機種と、『DIGITAL PC 3000』、『同 5000』シリーズの値下げも発表した。



 今回発表された『DIGITAL PC 5100 5200M』は、OSにWindows95、CPUにMMX Pentium-200MHz、メモリー32MB、HDD3GB、24倍速CD-ROMを搭載。USBポートを2基装備。本日発売で、価格は24万8000円。

 また、同社が値下げするのは、『DIGITAL PC 3000』シリーズ2製品、『同5100』シリーズ5製品、『同5510』シリーズ5製品で、値下げ幅は、最大17パーセント、平均9.7パーセント。従来価格24万8000円の『DIGITAL PC 3100』(CPUがK6-233MHZ、HDD3GB、メモリー32MB)が、22万8000円などで本日より実施する。(報道局 佐藤和彦)

http://www.dec-j.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン