このページの本文へ

落ち込むパソコン出荷数、2期連続で前年割れ

1998年02月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (社)日本電子工業振興協会(JEIDA)は本日、国内のパソコンメーカー23社の自主統計による、平成9年度第3四半期のパソコン出荷実績を発表した。

 それによると、平成9年度第3四半期のパソコン本体の国内出荷実績は、159万7000台(前年同期比93パーセント)で、2期連続で前年割れとなった。また、金額ベースで見ても3786億円(同88パーセント)と落ち込んだ。

 デスクトップ型、ノート型別では、デスクトップ型の国内出荷台数が88万6000台(同77パーセント)、ノート型が71万1000台(同125パーセント)となっており、ノート型の出荷台数が伸びている。特にB5サイズ以下のサブノートタイプは、前年同期比146パーセントとなっており、モバイルブームを反映しているといえるだろう。

 また、平成9年暦年(1~12月)の国内出荷台数は704万2000台(同103パーセント)、金額ベースで1兆7147億円(同102パーセント)となり、わずかに前年を上まわった。しかし、これは消費税率アップ前の駆け込み需要があったためで、昨年度の出荷実績719万3000台に対して、今年度の出荷予想は670万台と、統計参加会社がほぼ現在の体制になって以来、初の前年比マイナスとなる見込み。

 同協会では「市場規模は1000万台はあるはず」としているが、長引く不況に対し2兆円の特別減税などの効果も「わずかな期待」しか望めず、追加の景気対策やWindows98の発売といった新たな起爆剤の登場を待つしかない状況だ。(報道局 中山実)

http://www.jeida.or.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン