このページの本文へ

日本サンが『Netra Proxy Cache サーバ』を販売開始

1997年12月17日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 『Netra Proxy Cacheサーバ』は、UltraSPARC-II-250MHz、メモリーは128MB、HDDは4.2G×2、100BASE-T対応Ethernetボード、Solaris2.5.1の基本構成。HTTP1.0、FTP、Gopherプロトコルをサポートし、SSPトンネリング、ICP(Inter Cache Protocol)をサポート。『Netra Proxy Cache Server』は『Netra Proxy Cache Server1.0』を搭載し、252万円。『Netra Proxy Cache Array』は、『Netra Proxy Cache Array1.0』を搭載して49万5000円。

 Netra Proxy Cache Arrayは複数台で構成され、システム間でのロードバランスや自動フェイルオーバー機能を提供。ユーザーやアクセスが増加した場合に、サービスを中断することなく、新たなシステムを追加してスケーラブルなパフォーマンスの向上が可能であるという。

 同時に既存モデルの『Netra Internet Server』、『Netra NFS』についても機能をそれぞれ強化している。
 
 これまでハードウェア一体型のインターネット/イントラネット接続製品として提供していたNetra Internet Serverをソフトウェア製品『Netra Internet Server3.2』として新たに販売。Solaris 2.5/2.5.1上で動作可能で、『Netscape Eenterprise Server3.0』をバンドルし、Webサーバー機能を強化したという。

 『Netra NFS』は、ワークグループや部門規模のファイルサーバー。Solaris 2.5.1ベースのシステム・ソフトウェア『Netra NFS SmartServe 1.2』を搭載し、RAID 1+0またはRAID 5による信頼性の向上を図り、またNFS処理の高速化を実現したという。(報道局 若名麻里)

http://www.sun.co.jp/netra/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン