このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

サン、Windows上で100% Pure Javaが利用できるソフトを発表

1997年12月12日 00時00分更新


 米Sun Microsystems社は、Windows環境のブラウザーとJavaに完全な互換性を持たせるソフト『Java Activator』を発表した。企業の開発者を主なターゲットとして販売するもので、Javaでソフト開発をするためのキット『JDK(JavaDevelopment Kit)1.1』で作られた100% Pure Javaアプレットの機能がWindows環境でフル活用でき、Internet Explorer、Netscape Navigatorとの完全互換が可能という。

 Java Activatorはブラウザー用のアドオンソフトで、どのバージョンのJavaプラットフォームがブラウザー上で実行されているかをチェックし、Javaアプレットを利用したWebページにブラウザーがアクセスすると、最新のJavaアプレットをユーザー側のコンピューターに自動でインストールする。その後はインストールされたJavaアプレットの機能が必要に応じて実行される。

 同社は、米マイクロソフト社が同社のJavaと完全な互換性を持たないJavaを装備したInternet Explorerを発売したことに対し、10月にライセンス契約違反として訴訟を起こしている。同ソフトの発表はマイクロソフトに対する抵抗でもあり、Javaがどの環境でも動くという理想を追求したものといえる。

 まず、Internet Explorer 3.02以上に対応したベータ版がリリースされ、ホームページから無料でダウンロードできる。'98年1月にはNetscape Navigator 3.0以上対応ベータ版も提供される。これらの正式なラインナップは、第1四半期の末に出そろう予定。

 今後は、『JFC(Java Foundation Classes)』や『JDK1.2』、Java仮想マシン“HotSpot”など最新のJavaプラットフォームをサポートするという。(報道局 浅野広明)

http://java.sun.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン